薬剤師の転職で年齢が与える影響は?

薬剤師に限ったことではありませんが、転職する際の年齢が転職活動に与える影響は、かなり大きいと言わざるを得ません。薬剤師の国家資格は、一度取得すれば、基本的に一生涯有効ですから、資格を喪失するという心配はありませんが、転職となると、どうしても資格の有無だけでなく、年齢の気になるものです。

あくまで一般論として述べると、薬剤師の転職については、男女共に30代半ばくらいまでは全く問題ありませんが、40代を節目に少しずつ転職の際にハンデが出てきます。50代では、かなり転職は厳しくなるというのが現状です。

法律上では、人事に関して、採用・不採用を年齢を基準に決定することは許されていませんが、実際のところは、出来るだけ長期間働いて欲しいという雇用側の事情もあるため、若い人材のほうが有利になることは否めません。

尚、定年については、60歳定年制を取る職場が多く、60歳を超えて勤務する場合は、嘱託扱いとして再雇用し、65歳で終了というパターンが一般的です。

前述したように、年齢的に薬剤師の転職活動に影響が出始めるのは、40代に入ってからです。何故かというと、40代というのが男女共に仕事面、健康面で大きな変化が表れる時期だからです。

男性の場合、40代になると、職務経験も積み、それなりのポストに就いている方も多くなりますから、雇用側としても、それなりの給与や待遇を用意しなければならず、採用に掛かるコストが高くなってしまうのです。

一方、女性の場合は、結婚・妊娠・出産のため、一旦離職されていた方が、育児もひと段落して、そろそろ薬剤師として復帰しようかな、と考え始めるのが40歳前後になります。女性の場合は、復職後は非正規雇用という形で、アルバイトやパートを希望される方が多いので、男性と比較すると転職はまだしやすいと言えるでしょう。

但し、国立病院で勤務する場合は、18歳から27歳までの間に、公務員資格を取得する必要があるので、その点は注意が必要です。

転職の際に年齢が気になる方は、一度薬剤師の転職支援サイトをご覧になってはいかがでしょうか。求人内容に年齢についての条件が明記されていないような場合も、専門のコンサルタントを通して確認することができますので、活用してみるのも良いでしょう。

メニュー

ページの先頭へ