薬剤師の転職 節目は40代!

20代・30代と比較して、40代での薬剤師の転職は、大きく事情が異なってきます。とはいえ、40代での薬剤師転職が不可能、という訳ではありません。どのような点を注意すべきかをご説明したいと思います。

薬剤師が40代で転職をする場合、成功を左右する重要な条件が「実務経験」です。大学を卒業し、国家試験に合格し、薬剤師として仕事をしてきた場合、40代というのは薬剤師としてのスキルも蓄積され、ドラッグストアであれば店長、調剤薬局であれば管理薬剤師、製薬会社であれば課長や部長といったそれなりのポストに就いている方もいる時期です。

豊富な実務経験や管理職経験は、転職の際に大きなアドバンテージになります。新卒と異なり、雇用側が中途採用者に求めるものは、ズバリ「即戦力」です。

場合によっては管理職として現場をまとめる人材を探していることもあります。求人内容に「管理職待遇」などと記載されている場合は、20代、30代の薬剤師の方より、管理職経験のある40代の薬剤師が俄然有利になります。

また、同じ40代の薬剤師転職でも、男性と女性では、雇用の形態もかなり違ってきます。女性の場合、結婚・出産という人生の大イベントのため、20~30代で離職されている場合が多いため、転職の際の雇用形態がより多様化することになります。

男性の場合、殆どの方が転職後も正社員として働く場合が多いです。病気療養のようなケースを除けば、男性が長期間職場を離れることは少ないので、自然と正規雇用での転職が多くなります。

一方女性の場合は、前述の通り、結婚・出産のため退職し、一定期間職場を離れる方が多いです。子育ても一段落したので、また薬剤師として働きたい、という場合、どちらかというと正規雇用よりは、パート・アルバイトの非正規雇用の形態を選択される方が多く見られるのです。

このように、40代の薬剤師転職といっても様々なケースがありますが、やはり大切なのは前述した実務経験です。自分の強みをしっかり把握して、アピールポイントを押えておくことが大切です。

また、女性が育児明けで復帰されるような場合は、長期のブランクがハンデになる場合もありますので、そういった場合は、復職支援制度等が充実している職場を探すとよいでしょう。薬剤師の転職支援サイトは、そのような求人の希望にも柔軟に対応してくれます。一度利用してみてはいかがでしょうか?

メニュー

ページの先頭へ