薬剤師の第二新卒求人を探す場合の注意点

第二新卒の求人に応募しようとしている薬剤師の中には、少なからず不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

前の職場での実務経験も少ない、またはまだ実務経験がない、という方が多いでしょうから、ハンデを感じることもあるかもしれませんが、薬剤師の第二新卒求人は思っているよりも多数存在しています。第二新卒の方を対象とした説明会等も開かれていますから、一度行ってみてもよいかもしれませんね。

前述のように第二新卒の場合、通常の新卒とは若干状況が異なる訳ですが、実際のところは、雇用側はその状況を踏まえた上で第二新卒の求人を出していることも多いのです。求人の条件に「前職の経験不問」と謳うケースも増えてきていますので、そういった求人情報を見つけることも大切です。

また、第二新卒の求人探しのコツとして、狙い目の月がある、ということをご存知でしょうか?3月と6月、8月、そして11月がその「狙い目月」です。

上記の月が狙い目であるのには当然理由があります。それは「その月の1ヵ月後に職場で大きなイベントがある」という点です。つまり、4月は新年度が始まり、7月は夏のボーナス、9月は上半期の締め月、12月は冬のボーナス、という訳です。

このような月の前月には第二新卒の求人がよく出されるので注意して下さい。尚、この傾向は製薬会社で特に強いことを付け加えておきます。

その他の職種における第二新卒の求人ですが、ドラッグストア及び調剤薬局については、一年間通じてさほどムラなく第二新卒の求人が出されています。これに対して病院は、第二新卒求人そのものが稀であり、出る時期も不確定です。

薬剤師の第二新卒求人の選び方ですが、まだ実務経験も少ないか全くないという状態の方が多いでしょうから、なかなかイメージするのが難しいかもしれませんね。一番大切なことは、自分が薬剤師として、今後どのような仕事をしていきたいのか、について、できるだけ明確に考えておくことです。

「地域の医療の一端を担いたい」、「ゆくゆくはドラッグストアで自分の店舗を持ちたい」、「新しい医薬品の開発に関わりたい」といったヴィジョンを持つことで、どのような求人を探すべきかが見えてきます。薬剤師の転職支援サイトは、第二新卒求人についても豊富な情報を提供してくれます。一度利用してみてはいかがでしょうか?

メニュー

ページの先頭へ